【ApexLegends】パスファインダーについて【解説】

【ApexLegends】パスファインダーについて【解説】

 

ApexLegendsキャラ解説編
今回はパスファインダーについて記載していきます。

パスファインダーの概要

パッシブアビリティ:内部情報
調査ビーコンをスキャンすることで次のリングの縮小範囲が事前に分かるようになる。

戦術アビリティ:グラップリングフック
フックを引っ掛け、素早く移動することができる。
クールタイムは15秒。

アルティメットアビリティ:ジップラインガン
全員が使用できるジップラインを作り出す。
クールタイムは1分30秒。

 

アビリティによる立ち回り

調査ビーコンで終盤を有利に

パッシブアビリティの「内部情報」は調査ビーコンをスキャンすると次のリングの縮小範囲が事前に分かるようになります。

序盤はリングが大きいのであまり有用ではないのですが、終盤になればなるほどかなり有利に進めることができます。

次のリングの縮小が分かっているなら、事前に移動して籠城することもできますし、有利な場所を先に取ることもできます。

ただし、内部情報を使用するには調査ビーコンを探し出してスキャンする必要があります。
スキャンしていなければ何も情報は貰えません。

基本的に屋根の上にあるので、パッシブアビリティを腐らせないよう、しっかりとスキャンしていきましょう。

調査ビーコンの場所はパスファインダーだとマップで確認できます。

一回使うとその場所は使えなくなるので、終盤に残しておきたい場合などは置いておくのも一つの手です。

 

グラップリングフックを使いこなそう

戦術アビリティの「グラップリングフック」は使い方が非常に難しく、これを使いこなせるか、使いこなせないかでパスファインダーの強さが大きく変わってきます。

簡単に説明すると進撃の巨人の立体機動と同じ感じです。

高い場所に登るのに使用することはもちろん、敵に追われていてもフックをうまく使えば逃げ切れます。
敵が追えない高所まで逃げるなんてパスファインダーならではです。

また、奇襲する際にもかなり有用で、使い方次第ではかなり遠くまで素早く飛んでいくことができます。
気付いたらパスファインダーが後ろに回られていて、裏取りなんてことも上手いプレイヤーなら可能です。

クールタイムが短いので移動の際でも使えますし、使いこなせればかなり強いアビリティです。

ただし、使いこなせないと変な場所に飛んでいったり、引っ掛かったり、ただの敵の的になったりと、グダグダになるので、ある程度練習が必要なのも事実です。

その分使いこなせた時の機動力は半端ではありません。
パスファインダーを使うなら、グラップリングフックはしっかりと使えるようになりましょう。

 

ジップラインで有利ポジションを取ろう

アルティメットアビリティの「ジップラインガン」は全員が使えるようになるジップラインを作り出します。
通常でも散策しているとジップラインが置いてありますが、あのジップラインが自前で作れるようになります。

最初は使い道がよく分からなくて使うのに苦労するかと思いますが、これの強い点は高所が取れることです。

普通では行けないような建物の屋上や山の上など、様々な場所にジップラインを張り巡らせることができます。
FPSに於いて高所を取れるということはかなり有利になります。

もちろん移動にも使えるので、素早い移動が必要な際にも即座にジップラインを作り、移動するという運用もできます。

しかし、敵も普通に使えるようになるので、繋げた場所まで来られる可能性があるということも頭に置いておきましょう。

また、ジップラインを置いてポジショニングを行うことから、適当に置いてしまうと逆に不利になってしまったりもします。

しっかりと考えて判断をしていくことが必要かもしれません。

 

まとめ

パスファインダーは機動力が非常に高い、タクティカルなレジェンドです。

マークはライフラインと同じのサポート?のマークになっていますが、ライフラインと同じ感覚で使うと痛い目を見ます。

サポートができるのは内部情報とジップラインガンのみです。
更に調査ビーコンの位置が分からなければパッシブですら腐ります。

しかし、アビリティがしっかりと使えるのであれば、その機動力の高さは他の追随を許さず、唯一無二の存在になり得ます。

フックとジップラインを使いこなせるなら最強と言われることもあり、部類としては上級者向けに分類されます。
逆に使いこなせないなら最弱と言ってしまってもいいかもしれません。

スキルがほぼフック関係しか無いことから、単純に撃ち合いや立ち回りに戦績が左右される部分が多く、機動力の高さは上級者にはかなりプラスに働きますが、初心者には逆にマイナスになりかねません。

使いこなせた時のパスファインダーは敵にとって驚異でしかありませんが、自分が使いこなせるのかどうかが鍵になります。
もちろんフックが楽しければ使い続けて上達していくのもいいですね。

上手いパスファインダーが味方にいれば非常に心強いです!

スポンサーリンク