【ApexLegends】バンガロールについて【解説】

【ApexLegends】バンガロールについて【解説】

 


ApexLegendsキャラ解説編
今回はバンガロールについて記載していきます。

バンガロールの概要

パッシブアビリティ:駆け足
走っている際に被弾すると一定時間移動速度が上がる。

戦術アビリティ:スモークランチャー
スモークを発生させる缶を発射し、その場に煙の壁を作り出す。
クールタイムは33秒。

アルティメットアビリティ:ローリングサンダー
辺り一帯を爆撃する支援砲撃を要請する。
クールタイムは4分30秒。

 

アビリティによる立ち回り

基本的に移動はスプリントで

バンガロールは走っている時に敵から被弾すると、パッシブアビリティの「駆け足」によって一定時間移動速度が上がります。

これにより被弾したとしても敵が照準を合わせづらくなり、その場から逃げれば生存率を上げることができます。

なので移動している際はスプリントで移動する方が少しは生存率が上がります。
ただし、このパッシブは狙って発動させるものでもないので、発動したらラッキー程度に思っておく方が懸命だと思われます。

また、移動速度が上がればその後は走っていなくても移動速度が上がるので、その状態でエイムをすると敵の照準をズラしやすくなります。
しかし、自分にエイム力が無いと移動速度が上がったことにより、自分も当てにくくなるので、逃げるか、迎撃するかは自分の腕次第です。

 

スモークの使い道は沢山ある

バンガロールの真骨頂は戦術アビリティの「スモークランチャー」です。
スモークランチャーには非常に多くの使い道があり、かなり使いやすい部類に入ります。

また、スモークランチャーは2つまで所持することができ、この点も優れています。

一番分かりやすい使い方としてはやはり逃げのスモークでしょう。
敵に狙われていてもスモークを使用し、上記の駆け足で逃げればほぼ逃げ切れます。

次に敵に攻める場合、自分で敵の目の前を遮って詰め寄るのも良いですが、一番良い使い方として、ブラックハウンドのアルティメットアビリティと連携するのが最も有効とされています。

基本的にスモークの中は何も見えなくなるくらい視界が遮られるのですが、ブラックハウンドのウルトは敵がスモーク内にいても丸見えになります。
もし味方にブラックハウンドがいれば積極的に連携してあげましょう。

その他として、倒された味方を復活させる際にその場にスモークを撃ち、その隙に起こしてあげるという方法が使えます。
ただし、一発だけだとそこにいるのがバレバレなので、この使い方をする場合は他にもう一発適当にどこかに撃ち込むとより成功率が上がります。

このように、スモークランチャーは多くの使い道があり、更に2つ所持できることから非常に有用なアビリティとなっています。

 

ローリングサンダーは牽制や追撃で使おう

アルティメットアビリティである「ローリングサンダー」による絨毯爆撃はマーカーを投げた地点付近に行われます。

マーカーが投げられると、敵は地面にロケットっぽいマークが表示されるようになるので、降ってくることが分かります。

しかし、意外と範囲が広い為、もし近くに爆撃要請されてもその場でジッとしていれば全く当たらずにやり過ごせることもあります。

それでも敵の炙り出しや、移動を封じ込めることができるので、敵が物陰に隠れた際に使ってあげると、敵への攻撃がしやすくなります。
運が良ければ爆撃でそのまま敵を倒すこともできますね。

ただし、絨毯爆撃は味方はダメージがありませんが、自分は普通にダメージが入るので、マーカーを投げたら自分は突っ込まないように気をつけましょう。

 

まとめ

バンガロールは使いやすいアビリティが揃っているアタッカーです。

シンプルで使いやすいが上に使っている人は非常に多く、撃ち合いや立ち回りが上手いプレイヤーが使うと猛威を振るいます。

また、上記でも記載したように、ブラックハウンドと組むと敵の殲滅がかなりしやすくなり、敵としては驚異となります。

慣れるまでスモークの使い所などが難しく、思っていたほど強くない…と感じるかもしれませんが、慣れると本当に強いです。

部類としてはアタッカーですが、味方への支援もしっかりとできるので、立ち回り次第では非常に活躍の場が広いレジェンドです。

味方としっかりと連携をして確実に勝利へと導ける立ち回りを行っていきたいところです。

スポンサーリンク