底辺所得者でも長期投資をすれば数千万は余裕で貯められる理由

底辺所得者でも長期投資をすれば数千万は余裕で貯められる理由

 

底辺所得であるが故に、お金が貯まらず、借金が数百万だったり、破産したり、生活保護申請をしたり、そういう記事ってよく見かけますよね。

でも底辺所得者だからといってそこまでひどいことになるか?と言われると、僕からするとまずありえないと思います。

僕自身も現在底辺所得者ですが、一人暮らししているにも関わらず、毎月普通に貯金できています。

底辺所得者だからといって人生諦めている人が多いんじゃないかと思いますが、今回は底辺所得者であっても長期投資をすれば数千万程度なら余裕で貯められますよということを書いていきます。

年収と費用の設定

まずは底辺所得者としての年収設定をしていきましょう。

月収は大体20万円、低所得でも容赦なく税金は持っていかれるので、手取りにすると16万~17万円程度。

それとボーナスですが、大企業のように半期で100万円ポンとくれる企業はまず存在しません、あれは空想の世界です、いいね?
中小企業のボーナスの平均は大体10~20万円だと思います。
今回は最低の10万円で、夏と冬で合計20万円としましょう。

これで想定してみると、年収は260万円となります。
ちなみに僕もこんな感じ。社畜バンザイ!ファック!

次に費用ですが、大まかに固定費として毎月でいくのが以下です。
費用は一人暮らしを想定して大体で埋めていきます。

家賃:5万
食費:4,5000円
水道光熱費:5,000円
通信費:1万円

これで固定費が大体11万円になります。
手取りが16万円とすると、あと5万円は使えます。

毎月の積立額を先に決める

上記の設定どおりなら、ここからあと5万は使えるのですが、先に積立の額を決めましょう。
使わないうちに先に投資用の口座へ移すのもいいかもしれません。

今回は仮に、かなり少なく見積もって毎月1万円を積み立てていくとしましょう。
残りの4万は遊ぶなり、服を買うなり、余裕資金に回したりするのは自由です。
ただし、クレカで支払った場合は、支払いは翌月ですが、今月に買ったものとして残金からマイナスして計算しておきましょう。
絶対にこの残りの4万円をその月に割らないように常に計算しながら買い物はしていきましょう。

それで、この積立を1年間続けると12万円が積み立てられることになります。

また、ボーナスの年間20万円は全て投資に回しましょう。
ボーナスありきの生活を送っているようでは破綻するのは目に見えています。

すると、年間で積み立てられる金額は、12万円+20万円で32万円になります。

毎年この金額を定期的に積み立てられると想定して、年利は少なく見積もって平均5%程度で回してみるものとしてみます。

定年までの複利を計算してみる

さて、では上記の設定で定年までの33年間(22歳に就職し、65歳で定年)を5%複利で計算してみます。
1ヶ月の積立金は、32万を12ヶ月で割って2.66万円で計算しています。
すると、以下のような計算結果が出ます。

若干誤差がありますが、1年はこんな感じの積立てとなります。
税金計算が入ると分かりにくくなるので、一旦非課税で計算しています。

これを33年積み立てると…

こうなります!
非課税で2,600万円!
税金は約20%程度なので、それを考慮しても2,000万円以上は残る計算になります。

毎月1万円ですよ?まぁボーナスは全額入れているのですが、ボーナス抜きでも月2万6,000円入れられれば同じ感じになります。

こんな余裕で積み立てられる金額で定年までやればここまでの金額に膨れ上がるのです。
大体10年で約400万円になり、21年で1,000万円を超えます。

ちなみに、日本人が好きで好きで堪らない貯金ですが、もし同じ金額を貯金だけで積み立てるとします。

すると、同じ33年後にはいくらになると思うでしょうか?
同じ2,000万円?
ノンノン、大体1,000万円行くか行かないかくらいです。

たかが5%、されど5%、これが積もりに積もると、同じ定年時には1,000万円以上の差が出るのです。
この5%の凄まじさを知らない人は恐らく日本人には非常に多いでしょう。

まとめ

今回は、かなりの低金額で設定をし、ほぼ最低想定の長期投資で33年間で計算してみました。

それですら2,000万円は貯められるのです。

底辺所得者だからお金が増えない、貯まらない?
そんなことは一切なく、ただ単に金融リテラシーの不足であると僕は思っています。

別に絶食しろとか、何もせずに家に永遠に居ろとか言っている訳ではないんです。
月に平均してたった2.6万円積み立てられることができれば、今手の届くはずのないと思っている、数千万円の世界を手にすることができるのです。

日本人は貯金絶対主義がまだ根強く残っていますが、貯金ではなく、投資に、それも長期投資ができれば、ありえないと思っていることが現実になります。

長期投資をするなら、僕は断然右肩上がりである米国株式をおすすめしています。

数千万円ある生活と、その月暮らしの無一文、どちらを選びますか?
考えるまでもないでしょう?

スポンサーリンク