長期投資家が短期投資をするとどうなるのか?

長期投資家が短期投資をするとどうなるのか?

 

今は基本米国株にだけ投資している僕ですが、一時期FXをやってブログに成績を載せていた時がありました。
また、たまに何を思ったのか先物をやったりと長期投資だけでなく短期投資もやっていた時があります。

今はもうブログの記事を全部消しちゃってたので成績は載っていませんが、まとめとして長期投資派の僕が短期投資をやるとどうなったのかを記録として残します。

短期投資のセンスが無い奴が短期投資するとどうなるのか

FX

 

 

先物

 

 

こうなる(白目)

結果は散々でしたね。

ちなみにFXは全部の画像が残ってるわけでは無かったので、残っているものだけです。
株は載せていませんが、数千円レベルでは負けてます。

FXでは合計で数十万損をしています。
先物はほとんどやっていませんが、今年に13万2,000円、去年にも数万は焼かれてます。

長期投資で儲けた利益をほとんど短期投資で持っていかれるという失態を犯しています。
これが無ければもう少しお金あったのになぁと思いますが、タラレバは投資家の禁句なので仕方ありません。

勉強をしてなお惨敗

上記の結果は別に何も知らないで市場に出たわけじゃないんです。
トレンド、レンジ、単純移動平均線、一目均衡表など、一通り基本は色々勉強してトレンドの波に乗る(はずの)順張りで押し目買いや戻り売りなどで勝負していました。

しかし、ここぞというタイミングで買うと転換して下がり、同じく売ると転換して上がります。
世界に監視されている気持ちになります。
もはや世界が敵なのです。

ちなみに投資を始めたばかりの頃にもやったことがあるんですが、2時間で10万くらい溶けて以来全くやってませんでした。

そこから3年くらいして勉強して再度挑戦しましたが、結果は惨敗。
むしろもう自分の思った方のポジションと逆のポジションを取れば勝率が9割位になるんじゃないかというレベルです。

短期投資はかなりの精神力が必要

たまに短期投資はやりたくなるんですが、そのたびに惨敗しています。
数千円、数万円程度なら負けてもまた次回やりたくなりますが、数十万一気に負けたこともあって、それでもう短期投資はやめようと思いました。
もう最近は全くやっていません。

少ない資金で、短期間で一気に儲けられるのはやはり短期投資ではあると思います。
でも短期投資は予想以上に精神が削られますし、基本レバレッジを掛けての投資なので、金額が非常に大きく、損切り、利確のタイミングの判断が正常にできなくなります。

短期投資のセンスがある人は損切り、利確に一切の迷いなくルールを守って淡々とこなせるんでしょうけれど、普通の人は含み損が出ていると損切りのタイミングが難しくなりますし、上がるかも…と思って元の損切りポイントを広げてしまったりします。
逆に含み益が出ていてもまだ上がる、まだ上がる…と思って利確できずに、徐々に下がってプラマイがほぼ0になるといったこともあり得ます。

どれだけ負けていようが、最終的に利益に持っていけるから小さなことは気にせず淡々とこなせる強心臓の持ち主でないと短期投資は非常に難しい投資だと思います。

まとめ – 短期投資で儲けられない人は長期投資がいい

長期投資なら少しの上下に一喜一憂したりしません。
少し下がろうがどっしり構えて待っておけばいいのです。

もちろんゴミみたいな株を買えば待てば待つほど資産が減っていきますが、良い企業の株を買うことができれば待てば待つほど資産が増えていくのです。

短期投資で全く儲けられないという人は一度長期投資をやってみましょう。
短期間で利益は出ないかもしれませんが、長期的に見れば大きく稼げるのが長期投資です。

人はやはり若い頃に一気に儲けて億万長者!その後は遊んで暮らす!という夢を見ます。
それでも短期投資は儲けられる可能性がある反面、大きく損失を出す可能背もあります。

ネットでブログ等を見ていると短期投資でガンガン儲けている人が目立ちますが、それはやはりセンスがあって成功しているからです。
FXでは参加者の9割が市場から退場すると言われています。
天才やプロもいる世界で1割になろうとすると非常に大変です。

また、短期投資は基本ゼロサムゲームなので、誰かが勝てば誰かが負けています。
手数料も考えるとむしろマイナスサムゲームになります。
長期投資なら企業の将来性へ投資しますが、基本損をしようと思って経営している企業は無いはずですし、配当などを含めれば基本的にプラスサムゲームになります。

短期間で大きく稼ぎたい気持ちは分かりますが、負ければそれだけ時間とお金の無駄ですし、最悪借金地獄に陥ることだって十分あります。

ゆっくりではありますが、確実に利益を出していける長期投資が僕は非常にオススメしたい投資法です。

そして長期投資で運用するからには短期投資にむやみに飛びつかないようにしましょう。

スポンサーリンク