変則労働時間制が害悪な件

変則労働時間制が害悪な件

 

皆さんの会社は36協定を結んでいますか?

結んでいなくて残業させられているなら違法の企業です。
労基へ駆け込みましょう。

完全週休2日制で残業も0で結んでいないならクソホワイトです。
おめでとうございます。

さて、今回のお題は変則労働時間制と呼ばれるものです。
正直聞いたこと無い人が多いかもしれませんが、これが日本の労働環境を悪くしている場合だって十分あるのです。

36協定の労働時間の基本

変則労働時間制に入る前に、少し36協定の労働時間について説明しておきましょう。

36協定を結んでいなければ、残業をさせると違法になります。
残業をさせても違法にならない為には36協定を結ぶ必要があります。

この36協定では労働の上限時間が定められており、1日では8時間、1週間では40時間になります。
これを超えると残業扱いとなり、残業代を支払わなくてはなりません。

つまり、通常8時間労働の企業が多いでしょうから、土曜日に働くと、丸ごと残業代が支払われることになります。
(月~金1日8時間働くと5日間で40時間ぴったりになる)

年間休日が最低である105日となっている企業は土曜日が出勤の日がある場合があるでしょうから、平日+土曜日働いている人は「土曜日の残業代丸ごとなんて出てないけど?」と思うかもしれません。

僕も現在土曜日出勤がたまにありますが、残業扱いになってなかったので、人事に駆け込みそうになりました。
駆け込みたくなっている人は少し心を落ち着かせて整理しましょう。

変則労働時間制という社畜助長制度

貴方の会社の就業規則を見てみましょう。
週6になることがあり、なおかつその6日目に丸ごと残業代が支払われていないなら、変則労働時間制という記載がどこかしらにあると思います。

変則労働時間制とは、36協定の労働時間の基本である、週上限40時間を月や年単位で弄くれちゃう制度です。

月の場合と年の場合があり、それも就業規則に書いてると思います。
これは繁忙期と閑散期でバランス取ろうねっていうのがあるみたいですが、労働者側からすると害悪でしかありません。

月単位の場合
1ヶ月は月によって28日~31日までバラバラです。
よって、時間は明記されています。

28日 160.0時間
29日 165.7時間
30日 171.4時間
31日 177.1時間

上記の時間を1ヶ月で超えてしまうと、残業代が発生します。

年単位の場合
1年の場合は1ヶ月と違い、通常の365日と閏年の366日しかありません。

365日 2085.7時間
366日 2091.4時間

上記の時間を1年で超えてしまうと、残業代が発生します。
ただし、1年の場合は色々と成約があります。

1年の労働期間 280日
1日の労働時間 10時間
1週間の労働時間 52時間
原則連勤できる日数 6連勤まで
特定的に連勤できる日数 12連勤まで

週6でも残業代が丸ごと貰えなくなる

上記の変則労働時間制を踏まえると、月単位の場合、仮に1ヶ月に土日以外が22日があったとして、どこかの金曜日に祝日が入ってたとしましょう。
もし土日が全部休みなら出勤日は21日です。
祝日が入り3連休だヤッターって思ってたとしても、どこかの週の土曜日が出勤日になっていた場合、同じく出勤日は22日です。

月単位の変則労働時間制の場合、177.1時間に抑えれば問題無い訳ですから、22日×8時間=176時間となり、土日休みの人よりも無駄に土曜日出勤させられているにも関わらず、残業代は全く出ないということになります。

年単位の場合は通常365日で2085.7時間ですから、年間休日105日の場合、260日×8時間=2080時間となり、土曜日に働いていようが残業代は出さなくてもOKになります。

ただし、どちらも定時に帰れている場合になります。

つまり、どちらにせよ土曜日に働いた場合、基本としてなら残業代が丸ごと貰えるはずなのに、この制度のせいで無給になってしまうのです。
タダ働きです。奴隷です。

まとめ

なぜこんな制度を作った…?

分かりますよ、比較的余裕のある月初には労働時間を少なくして、忙しい月末に長時間働いて時間を平均化させ、コストを抑えようとする思いは理解できます。

でも、ブラック企業大国の日本でそんな制度作ると悪用されるだけだから!

余裕ある時は定時前に早く帰る?
無理です!

完全週休2日制の企業と比べると無駄に土曜日働かされてかつ無給というひどい始末。
働き方改革を掲げるなら是非ここも是正して下さい。

もう全企業が完全週休2日制でいいよ。
祝日も休みにするのを忘れるな。

でもそんなことすると納期に間に合わなくて結局休日出勤になっちゃう。
分かってるけど、一番悪いのはそんなクソみたいな日程を組んでくるお客様と営業マンなんだよなぁ。

日本がホワイト企業大国になるのはいつになるんでしょうかね?

スポンサーリンク