【ブログ運営】ブログに対するアンチコメントはどうするべきか?

【ブログ運営】ブログに対するアンチコメントはどう対応すべきか?

 

ブログ運営を行っていく上で少し考えることがコメントについてです。

励ましや応援のコメント、質問のコメントなどが来ると嬉しくなってしまいますが、その反面アンチコメントをしてくる人も結構います。

別に気にしなければいいだけの話しなのですが、メンタルが弱い方ならブログを続けていくのが怖くなってしまう可能性もあります。

今回はそんなアンチコメントが来た場合どうするか?ということを書いていきます。

アンチコメントとは?

ee185877

アンチとは本来の意味的には「反対」「対抗」「違背」という意味ですが、ネットでは相手の作品等に対して叩く行為をアンチと呼びます。

簡単に言うと相手を攻撃する行為です。
例:「クソブログ辞めろ」「クソ記事書くな」

こんなコメントが実際に来ます。
こういう人は自分だけでなく色々なブログを回ってアンチコメをどんどん書いているような人が多いです。

逆に言うとこんなお暇な方々からコメントを頂けるようにまでブログのPV数が増えて来たんだとポジティブに捉えても良いと思います。

スパムコメとどう違うの?

アンチコメと似たコメントがスパムコメントです。
ブログを長期間やっているとどうしてもスパムコメもアンチコメも来るのが宿命かもしれません。

このスパムコメですが、アンチとは違い、「良いブログだね!」「この記事タメになったよ!」などと良いことを書いてくれることが多いです。

これだけ見ると全然良いように見えますが、実際には最後にURLが貼り付けられており、自分のサイトに誘導するのが目的になっています。

しかし、URLを貼り付けていないコメントも多くて、どうでもいいようなコメントを書きまくってくる人も結構います。
ですが、そういう人もちゃっかりとURLを名前やアドレスを打ち込む場所にしっかり載せてきています。

WordPressにすると英文でのコメントが恐らく付きますが、基本スパムなのでスパムとして報告しておきましょう。

コメントに対する対策

こういったコメントに対して対策はどうするか?
3つ上げていきます

1.承認制にする

まず1つ目はコメントを承認制にすることです。
こうすることによって不快なコメントをブログの善良な読者に見せなくて済みます。

特にスパムが来た場合は今後も継続的に大量に来ることが予測されますので、絶対に承認制にはしておくことをおすすめします。

僕自身もアンチだけなら承認制までにはしてませんでしたが、スパムコメが大量に来るようになったので、長らく承認制にしていました。

ただし欠点としてコメントが溜まっていくので、放って置くと死ぬほどコメントが溜まっているので消すのが面倒になるということです。

それでも応援してくれる人や質問してくれる読者を大切にしたいと言う人は頑張ってスパムコメを消していきましょう。

2.コメント欄を閉鎖する

2つ目がコメント欄を閉鎖してしまうことです。
実際にコメント欄を閉鎖しているブログも多く、如何にアンチコメが多いかを物語っています。

僕も長らく承認制にしていましたが、アンチコメが邪魔なのと、スパムを消すのが面倒になってきたのでコメント欄を閉鎖しました。
(質問頂いていた方には申し訳御座いません)

承認制にしていてもコメント自体は承認側の自分には見えるので被害者側には少しモヤっときますし、どうでもいいことに対してもアンチコメを送ってきます。
僕も実際に「クソ記事書くな」とか「検索の邪魔だから記事消せカス」とか、どうでもいい時には「こんにちわの時点でアウト」とかいうコメントを貰ったりしています。
(最後のは「こんにちわじゃなくてこんにちはだろカス」っていう意味ですね)

閉鎖は変な人を追い出すことができるのでとても有効です。
リアルでもオラついてるガイジを見つけたら普通の人なら避けるでしょう、あれと同じです。

ブログ的にもメンタル的にもとてもスッキリしますよ!

3.強いメンタルを持って無視する

3つ目はもう全く気にしないことです。
炎上商法っていうものもあるくらいですし、メンタルが強い人はどうでもいいコメントには無視し続ければいいんですよ。

ただし、アンチコメ、スパムコメを残したままにしておくとグーグル先生からのブログ評価が低くなる可能性もあるので、基本的にはオススメしません。
基本的には閉鎖がオススメです。

アンチをする人は基本的に「可哀想」な人だと思っておこう

アンチコメに対して毎回思っていたことが、可哀想だなと思っていたことです。

基本的にアンチは社会的地位が低い人だと思うんですよ。
仮に能力が高かったり、お金持っている人がこんなこと書きますか?
(漫画の「カイジ」でも高級車にイタズラをして回っていたカイジに利根川先生が「仮にお前が1,000万持っていたらこんなことしない」と言っています)

社会に対して不満があるけど、地位が低いからどうしようもない、ストレスを発散する場所もないから不特定多数が書き込めるブログに対してアンチコメをしてストレスを発散しているに過ぎません。

また、嫉妬にも近いと思います。
何で俺ができてないのにこいつがブログ書いているんだ…という感情もあるでしょう。

現実世界でどうしようもないから、全く関わりのない不特定多数が見れるブログで発散しようという訳です。

アンチコメを見かけたら可哀想な人だと思って憐れんであげましょう。

対抗だけはしてはいけない

アンチコメに対して最もしてはいけないことが対抗することです。
相手のアンチコメに対して返信することです。

これをやってしまうと普通の読者からすると見てられたものではありません。
むしろもう読む気が失せます。

ブロガーの方は恐らく対抗する人は殆どいないと思いますが、これだけは止めておきましょう。

「争いは同じレベルの者同士でしか発生しない」というネットで有名な言葉がありますが、正にこれで、対抗してしまうと周りからはどちらもレベルが低い人間だとみなされてしまいます。

上記で書いたように、アンチコメには可哀想だと思って何も返さないのが一番なのです。

まとめ

ブログを運営していく上でコメントというのは確かに付くと嬉しいものです。
僕もある程度PVが増えてきて、コメントが付いた時は嬉しかったものです。

しかし、結構増えてくると逆に変な人も湧いてくるのが現実です。

僕は長い間コメント欄は残していましたし、承認制の時もちゃんとしたコメントをくれた人にはスパムと選別して拾い上げてコメント返しをしていましたが、スパムとアンチ両方が来るようになったので、残念ですが閉鎖するという結果になりました。

良いコメントをくれた方には非常に申し訳無いのですがという気分です。

アンチというのはかなり少数ではあります。
しかし、その心無い少数のせいで潰されるブロガーさんも沢山います。

いじめと同じで、加害者は覚えてすらないと思いますが、やられた方は覚えています。

少しでもアンチから身を護るためにもコメント欄の閉鎖という選択肢を加えてもいいかもしれません。

ただし、応援コメが毎日のようにいっぱいくるブログは別です!
それは読者の気持ちを蔑ろにしない為にもアンチだけをブロックしていきましょう。

アンチに負けてはいけません!
自分の意志を貫き通して強くブログを続けていきましょう!

スポンサーリンク