転職活動の面接で聞かれる質問と答えの考え方

転職活動の面接で聞かれる質問と答えの考え方

 

転職活動を始め、書類審査を通過して面接を行うことになったけど、転職での面接って何を聞かれるんだろう?という人は結構多いと思います。

僕も実際不安でしたし、新卒の時と何が違うんだろう?と思っていました。
僕が殆ど第二新卒に近いからということもありますが、結果としては殆ど新卒の時とあまり変わりません。

しかし、やはり社会人として一度経験していることで、その部分が追加で色々と聞かれることが増えます。

僕が実際に面接で聞かれたこと、それに対してどういう風に答えを考えたか、逆に全く聞かれないことなどを書いていきます。

自己紹介

自己紹介は職務経歴書をコンパクトにまとめる形で良いと思います。
高校のことから話し始める人もいるらしいですが、それだと長いし相手側も高校のことはほぼ興味が無いので、話は大学卒業から始め、どこどこの会社に入り、こういう業務を行ってきたという内容をまとめていきます。

志望理由

新卒の時と同じように企業のHPや求人票に書いてあることから、こういう仕事がしたいや、御社のこういうところに興味があるということをまとめていくと良いと思います。
自分のやりたいことだけでなく、相手のことも褒めてあげると良いでしょう。

退職理由

恐らく面接で悩むのがこの退職理由でしょう。
相手を納得させられるだけの材料があるならそのまま伝えて貰って大丈夫ですが、完全にネガティブな退職理由の場合は少し嘘を織り交ぜてポジティブな印象に持っていくと良いです。
ネガティブを隠して話を作って相手に疑問が残るレベルであれば、多少は本音も入れていくべきだとは思います。

入社後にどのようなキャリアを考えているか

十年後、二十年後どのように成長していきたいかを問われますが、これも新卒の時に聞かれる内容だとは思います。
正直入ってみないと分からないことの方が多いので、入りたい部署のリーダーや中心的な存在として貢献していきたいくらいのレベルで良いのではないでしょうか。
その会社で明確なキャリアプランがあるのであればそちらで問題ないと思います。

なぜその職種をやりたいのか

これは僕自身が未経験職への転職だったので、一番聞かれたポイントです。
未経験職の場合はここの回答の出来によって恐らくかなり面接に影響してきます。
相手は未経験を雇ったとして、またすぐに飽きて辞めないかということを確認しています。
その職種をやりたいならやりたいなりの理由があるはずなので、その回答を用意しておきましょう。

前職での成功体験

この質問内容は聞かれ方は色々あります。
成功体験であったり、何か自信を持って出来た仕事であったりと相手によって変わるのがこの質問の面倒なところ。
それに成功体験と言ってもただ業務をやらされていただけではそんな体験無い人もいると思います。
なら、少し盛って成功体験を作ってしまっても良いと思います。
ただ深く聞かれて自分が話せなくなるレベルの嘘だとまずいので、実際にやっていたことの成果を盛るくらいでいきましょう。

長所と短所

新卒の時と一緒ですが、長所と短所も結構聞かれます。
長所はその長所の結果、前職での成果が何かあればそれを伝えていきましょう。
短所は短所だけど、前職でそれを仕事に繋げて改善した結果があれば良いのですが、無い場合今後注意していくくらいのレベルで大丈夫だと思います。
短所はあまりネガティブすぎるのはやめておきましょう。

趣味

もし相手がこちらに興味があるのならここまで聞いてくれると思います。
何かしら趣味と呼べるものを考えておきましょう。

聞かれないこと!

逆に聞かれないこととしては自己PRです。
新卒の時にはほぼ確実に聞かれていたことですが、転職の時にはまず聞かれません。
そして、もし自己PRをして下さいと言われたらまずその面接はほぼアウトだと思った方が良いレベルです。
なぜなら、職務経験や退職理由などから何も感じ取れなかった場合に聞かれることだからです。
なので、職務経歴書には自己PRは書きますが、面接では聞かれないのであまり気にしなくて良い部分ではあります。

まとめ

基本的には上記での内容は大体聞かれます。
他は話の流れや企業によって増えたりします。

転職での面接では新卒の時の就活に比べ、退職理由や前職での経験が追加されて問われてきます。
あまり仕事を任せて貰えてなかったり、積極的に仕事ができていないと苦戦する部分かもしれません。

それと、SPIは新卒の時には殆どの企業が導入していましたが、転職活動ではあまり大手でなければ導入している印象はありません。
とは言え大手に就職したい、キャリアアップがしたいという人はSPIを勉強しておく方が無難かもしれません。

もし面接の回答にかなり手こずるようであれば転職エージェントで面談を受けてみるのがおすすめです。
面接対策もしてくれますし、こちらの用意した回答が悪ければ修正もしてもらえます。
その他にも多くのサポートをして貰えます。

僕がおすすめする転職エージェントはやはり大手のDODAです。
担当にも寄りますが、かなりお世話になっています。

もし転職サイトだけで難しいようであれば転職エージェントも検討してみましょう!

スポンサーリンク