StudioOneでGuitarRig5Proを使用する方法

StudioOneでGuitarRig5を使用する方法

 

先日NativeInstrumentsのKomplete11を購入した際に、ギターエフェクトであるGuitarRig5が付属してあったのですが、ギターを使っていなかったので触れてすらいませんでした。

曲のアレンジしている時にやっぱりギターはいるよねぇと思い、エレキギターを使ってみたものの、なんかショボい音しか鳴りません。

エレキギターを使用するにはアンプというものが必要らしいです。
そのアンプの役割をしてくれるのがGuitarRig5!

使ってみたものの、最初はやり方が分からなかったので、簡単に使い方を記していきます。

GuitarRigを呼び出す方法

まずはGuitarRigを呼び出す方法です。

基本的にStudioOneでは右にあるインストルゥメントから楽器をドラッグ&ドロップでトラックを追加できるのですが、GuitarRigはエフェクトの為、楽器と同じ方法では使えません。

まず、エフェクトタブからGuitarRig5を探します。
それをギターのトラックへドラッグ&ドロップします。
これでギターにGuitarRigのエフェクトが追加されます。

GuitarRigの設定

次にGuitarRigを設定していきます。

最初に追加した時はそのまま出てきますが、その後消したあとに呼び出そうとするにはF3を押して、ボリュームの少し右をダブルクリックするとインサートが出てきますので、そこからGuitarRig5を呼び出して下さい。

そしてGuitarRigを呼び出すと次のような画面が出てきます。

自分で全部設定するという人以外はPresetsから、自分の曲に合う音を探していきましょう。
PresetNameの中に入っているものをダブルクリックすると、以下のように右側にアンプの設定が表示されます。

ギターの演奏中に音を変えることが可能なので、演奏をループにしておいて、音を確かめるのも良いと思います。

最後に

簡単ではありましたが、以上が使い方の説明です。
エレキギターはアンプ無しでやると当たり前ですが、全く自分の思っている音が出ません。

とは言えエレキギターを触ったことすら無い人からすると、エレキギターはアンプに繋ぐものということすら知らないと思いますので、使い方を探すのも一苦労なんですよね…(僕がそうでした)

GuitarRigでは設定次第では色々な音が出せるようになると思いますので、自分の曲に合う音を探して色々と試していきましょう!

スポンサーリンク

音楽

Posted by twinoto