本当にSoftBank Airにしていいの?僕がSoftBank Airから乗り換えた理由

5月 21, 2018

本当にSoftBank Airにしていいの?僕がSoftBank Airから乗り換えた理由

 

現在僕はSoftBank Air(以下ソフトバンクエアー)というものを使ってインターネットを利用しています。
このソフトバンクエアーはコンセントに挿すだけで使える上に、他の場所に持って行って使うこともでき、Wi-Fiも使い放題というものです。

ソフトバンクショップに行くともしかしたら勧められる機会があるかもしれません。
お店では色々と説明されますが、その話は本当に信用して大丈夫なのでしょうか?

実際に使ってみた僕が体験談からレビューしていきたいと思います。
もし購入してしまってもクーリングオフ制度が利用できるので、少し考えてみて下さい。

スペック

公式サイトにあるスペックが以下です。

恐らく店員に勧められるとしたらまずAirターミナル3です。
最新型ですので、まずこちら以外を紹介しないと思います。

下りが最大350Mbpsということで、数値上は基本的にネットをする上では全く問題ありません。
しかし、使ってみると実際にはここまで速度は出ません。(実際の速度は後述します)

料金

レンタルの方が購入よりも500円くらい月額にすると高いですね。
ただし、これは購入させるためのマジックです。

これを購入した場合、58,320円掛かります。
分割なので、3年(36ヶ月)の支払いになります。

当然残債が残っている期間に解約すると割賦割が無い残債額を支払わされる上に、違約金も発生します。

ちなみに契約期間は2年ですので、3年で支払い終わって解約しようとしても違約金が発生します。
つまり、完全に0円で解約したければ4年間経たなければ解約できないのです。

購入の方が安く見えますが、実際にはレンタルの方が良かったなんてことがありますので、よく考えてから選びましょう。

長期間利用するつもりがないなら必ずレンタルを!

上記で説明しましたが、4年間ソフトバンクエアーを利用するつもりがなければ、レンタルの方が良いと思います。

それと引っ越しを控えている方もレンタルの方がいいですね。
今は快適だけど、もし引越し先で電波悪くて使えなくなったとしても、こちらの事情なんて無視でそのまま料金が支払わされます。

コンセントを挿すだけでどこでも使える!と思っていても全く使えなかったなんて後悔するかもしれませんよ。

僕はここをよく説明されないまま店員に勝手に購入にされていました。
もしエアーにするのであれば、事前に購入とレンタルがあるということだけでも知っておくとこちらが不利にならなくて済むかもしれません。

不満があれば早めにクーリングオフを

ソフトバンクエアーはクーリングオフ制度が使えます。
もし気に入らなければ8日以内であれば返却可能です。

ネットは基本的に普通に使えるので見落としがちですが、速度計算などをしっかりと行った上で使えるのかどうかを判断しましょう。
※僕は速度計算を怠っていたので非常に後悔しました

速度計算はこちらで行いました

実際の速度

ではソフトバンクエアーの速度を実際に測定しましたので、御覧下さい。
これマジ?

嘘だろ?とか思われるかもしれませんがマジです。
ちなみにひどい時は1Mbpsを割りました。
スペックが行方不明

夜は基本的にこれくらいの速度です。
平日昼間とかなら40~50Mbpsくらいですかね。

休日の夜にPS4のオーバーウォッチをアップデートした時の時間がこちら。

何だこの時間!?(驚愕)
なお有線。

店員に壁際に置くと電波が悪くなるので窓際に置いて下さいと言われて置いていたにも関わらず結果がこれです。


ネットをしていても突然繋がらなくなったりしますし、生放送とかなら止まったり、飛び飛びになったりします。

電波確認もしてもらいましたが、かなり良好とのことでした。

ネットでも賛否両論はありますが、僕は否の方です。
特にゲームでオンラインをする方は絶対に光の方が良いです。

少しでも光にする可能性があるなら光を!

光の回線工事は2万円ちょっと取られるのですが、それでも今後光にする可能性があるのであれば絶対に光にしてください。
間違っても購入はしないこと。

ちなみに僕は引越し後に光に変えたかったので、店員に「ソフトバンクエアーからソフトバンク光に変える際は工事費は別として、無料で変更できますか?」と聞きました。
相手はハッキリと「はい、出来ます!」と言いましたよ。

当時引っ越し云々の話は確定事項だったのでこの辺の料金等の話は結構細かく聞いていました。

しかし、いざ引越し後に電話で変えたいと言うと、「残債の5万円+工事費2万円掛かります」と言われました。
え?無料って言ったじゃん…。

その旨を話してみても出来ませんの一辺倒。
もはや詐欺の領域。

少しでも光にする可能性があるなら必ず光に!
引っ越しが控えているならレンタルにしましょう!

SoftBank Airから乗り換えたければNURO光がオススメ!

ということで僕は7万円支払ってソフトバンクエアー光にするより、別のお会社さんでCB貰って、ソフトバンクエアーの残債5万円をカバーした上で光に乗り換えてみたよ!
(全額カバーは無理でしたが…)

僕が乗り換えたのはNURO光です。
ここはネットの速度が2Gbpsという驚異の速度を誇っています。

そしてソフトバンクユーザーであればネット料金に割引が適用されるという嬉しい特典付き!
念の為、申込み時に確認することは忘れずに!

ただし、関東と関西しか展開していないので、その他の地域の人は要注意だよ!

乗り換えを検討している人はNUROオススメじゃないかなと思います!

 

後日談 解約時に再度相談してみた

NURO光の工事も終わって、エアーの解約をする為に再度サポートセンターへ電話しなければなりません。
ダメ元でもう一度相談してみました。

ちなみに電話しても全く繋がらなかったので店舗に突撃しました。
結果としては結局解約窓口に電話させられましたが、店舗の携帯からだからなのか繋がるのは少し早かったし、エアーの処分を依頼できるので行ってもいいかもしれません。

では電話の内容をどうぞ!
エアーから光に乗り換える際に無料と言われたという部分までは同じですが、若干ここからが異なりました。

「契約時にエアーから光に乗り換える際は工事費は別で無料と言われていたのですが?」
サポセン「はい、エアーから光の乗り換えは残債分の支払いは必要無いので、無料でできますよ」

!?
まさかの返答。別ルート。5万の負債から逃れられる光…っ!
このサポセンはできる。前とは違う。
(まぁでもNURO光にしたから、解約の残債無しにしてもらう方向ですが)

「え?でも前に電話した時は残債の支払いが必要って言われたんですけど。」
サポセン「確認してまいります」

サポセン「おまたせ致しました。確かに申しておりましたが、お客様の場所はエアーの電波は良好とのことです。電波が悪くない限り、無料で光にすることはできません。光の料金+エアー残債分を支払って頂く必要があります。」

やっぱり同じだった。
上げて落とすスタイル。

「いやでも、契約時にはそんなこと聞いてないんですが!」
サポセン「電波が悪くなった場合でないと残債分が無料になるということも聞いていないですか…?」
「はい、説明されていません。」

サポセン「しかし、契約書にサインされていますので、残債の支払いは必要です。」
「いや、でも説明された内容と違うじゃないですか。」
サポセン「契約書にサインされていますよね?」
「でも無料っt…」
サポセン「契約書n」
「…」

「分かりました。(半ギレ)」

という感じで再度頑張ってみましたが、結局ダメでした。
こちらとしては騙された側で正当性があるのですが、ソフトバンクは分が悪くなると「契約書」という言葉しか発しなくなります。
もはやAI。

店舗の人なら対面の分、少しは考慮してくれるかもとの考えで店舗行ったんですが、結局全て電話。
電話は相手が見えない上にその場限りの対応人物なので、こちらのことなんてあんまり考慮してもらえません。
恐らくエアーはクレームが多いので敢えて電話での解約のみなのでしょう。

こちらからも契約書を出せればいいのですが、契約書は相手からのみ。
騙し方はほとんど闇金と変わらないレベルなので、相手の話だけ信じずにしっかりと契約書を確認してからサインしましょう。

ちなみエアー買い取りの場合、処分までこちらになるので、店舗に行けるならそこで処分してもらいましょう。

で!NURO光に変えてみましたが、すごく早い!
早速測定してみましたが、こんな感じ。

素晴らしいですねぇ!
エアーの約300倍じゃないですか。

NURO光オススメです。
皆もNURO光に、しよう!

スポンサーリンク