離職期間について考える

そろそろ仕事を辞めてから結構経つので、転職活動を視野に入れていかないといけなくなりました。
仕事辞める前はあんなに楽しみだったお休みも過ぎるのはあっという間ですね。

そして、今回転職活動を行うにあたって、一つ面接での質問で留意する点があります。
それが、「離職期間で何をしていましたか」という質問。

今回はこれについて考えていきます。

離職期間は何をしていましたか

まず、離職期間何をしていましたかということですが、本音では「休んでいました!」としか言いようがありません!

そもそもこの質問自体がおかしいというのは既に周知の事実。
しんどい仕事してきた後にすぐまた馬馬車のように働けと言うのがそもそもおかしい!

それと、転職までに期間が空いていること自体があんまり印象良く見られないみたい。
親のすねをかじってるならまだしも、一人暮らしして完全に自分のお金で暮らしてるんだからちょっとくらい休んだって良くない…?

マグロの如く泳ぎ続けなければ(社会的に)死んでしまうのがこの日本。
世界よ、これが日本だ。

この質問が来るかどうかはまだ分かりませんが、ネットで転職について調べていると聞かれるような雰囲気が漂っています。
(この質問が来ない会社は良い会社と認識してもいいのでは…?)

念の為、答えられるようにしておく必要があるので、何個かは考えているのと、対策は打っています。

離職期間にやっていたこと

現時点で会社を辞めてから2ヶ月の時が経っています。
有給を全て使ったので実際には3ヶ月働いていないのですが、目に見える離職期間はとりあえず2ヶ月です。

そして、やっていたことが大まかに数えて現時点では2つ。

1つ目が趣味を増やすこと。
これはイラストとプログラミングですね。
でも頭のお硬い年配の方々にはこの趣味が受け入れられるのかが少し疑問。
面接官を見極めて話すかどうかは考えないといけないかもしれません。

そして2つ目が勉強
これは次に仕事をしようとしている経理について、簿記のやり直しと、経理の仕事について大まかに捉えること。
正直これは鉄板ですね。
悪い印象は持たれないだろうし、やる気があると捉えてもらえるのでは?

こんなところでしょうか。
一応趣味は現在もう一つ増やそうと計画中…

それと、3つ目の答えとしてアルバイトをやろうと思っています。
短期中の短期でやるつもりですが、何かやっておけば話を広げることが可能なので、やっておきたいところ。
相手も嘘つくんだし、こっちも嘘ついていいでしょう。

転職活動はエージェントを使ってみるつもり

転職活動は自分でやろうと思っていたのですが、自分で選んでブラック企業に入るのも辛いので、どうせならエージェントを使ってみようと思いました。

エージェントは無料だし、書類応募から面接対策まで色々してくれるらしいです。
情報も持っているだろうし、一人でやるよりは転職の専門家にサポートしてもらった方がやりやすそうですね。

色々検討してみたけど、マイナビエージェントが何となくですが良さそう…?
複数使ってみるのも良いかもしれませんが、とりあえずは一個使ってみてから考えようかと思います。

是非ともホワイトを紹介して頂きたいところ!
まぁ紹介してもらっても面接ダメなら終わりなんですが!

給料は安くてもいいので、仕事がそこそこ楽で定時に帰れる会社がいい。
典型的ゆとりですが、学生時代と1社目が頑張りすぎたので堕ちるのも仕方がない。

転職活動頑張っていきましょう!


スポンサーリンク

仕事感

Posted by twinoto