ビットフライヤーからZaifへ送金する方法を実際に実践した流れで解説!

ビットフライヤーからZaifへ送金する方法を実際に実践した流れを解説!

 

仮想通貨の取引所は多くありますが、今の取引所から別の取引所へ送金したい…という状況が出てくる場合があるかと思います。

取引所でまずみなさんが登録しているのが、ビットフライヤーではないでしょうか。
今後利用する可能性が多い取引所での送金方法は知っておいて損はありません。

今回はビットフライヤーからZaifへと送金する方法をご説明していきます。
使用する仮想通貨はビットコインを想定しています。

送金に掛かった時間も記載しておりますので、目安としてどうぞ。

まずはZaifで入金アドレスを確認

まずはビットフライヤーから送金するためのアドレスを取得する為に、Zaif側で確認を行っていきます。

ログイン後、右上のアカウントをクリックします。

入出金と履歴をクリックし、その後出てくるアイコンの中からビットコインのアイコンをクリックします。

すると、下の方にBTC入金アドレスというものが表示されているので、これをコピーしておきます。

これで一旦Zaifでの確認は終了です。

ビットフライヤーで送金

次にビットフライヤーで送金を行っていきます。
まずは左のメニューから入出金をクリックします。

入出金の中から、BTCご送金をクリックします。

まだZaifへ送金したことが無い場合、送金先が登録されていないので、先にこの送金先を登録します。
ラベルには分かりやすい様にzaifと名付けます。
ビットコインアドレスに先程Zaifでコピーした入金用アドレスを貼り付けます。

どちらも記入できたら右の追加するをクリックすると、送金先が追加されます。

追加できたら送金の操作へと進みます。
まずは、追加したラベルをクリックしましょう。

次に送金するビットコインの金額を入力します。
ここで、上限一杯まで送金しようとすると、入力している間の価格の変動や手数料によって残高が足りないと出ますので、少し少なめにすると良いでしょう。

そして優先度を入力します。
普通、やや高い、高い、最高とありますが、急ぎでないなら普通でも良いですが、時間が掛かる可能性があります。
ここでは少し上げてやや高いにしています。

確認できたらビットコインを外部アドレスに送金するをクリックし、送金します。
ここで二段階認証を設定していれば入力が求められます。

送金できたらお手続き中の送付申請として確認できます。

これが終われば最期にビットフライヤーから送金したのが本当に本人かどうかの確認がメールで届きます。

電話番号での認証が必要になりますので、SMSにて確認用コードを送信してもらい、それを入力します。

全てが終われば送金は完了です。
先程のお手続き中の送付申請は無くなっているはずです。

Zaif側で入金の確認

ビットフライヤー側で正しく送金できていると、Zaif側で送金状況を確かめることができます
BTCの入金と出金より、BTC入金アドレスの未確認のトランザクションを調査をクリックします。

すると、以下のように未確認のトランザクションというものが増えるはずです。
最初は1/3となっていますが、これが3/3となれば送金が完了ということです。

確認が終われば送金が完了します。
今回の所要時間は約24分でした。

思った以上に早く、簡単に送金出来てしまいますね!
ただ、最も注意するべきことが、送金先のアドレスを間違えてしまうことです。

これを間違えて登録してしまうとビットコインが闇に飲まれて消えてしまいます
今後アドレス間違いによる資産の喪失回避手段を確立してくれれば良いのですが、現在はまだですので、自分で資産を失わないように注意しましょう。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

スポンサーリンク