レバレッジとは?どのように扱えばいいの?

レバレッジとは?どのように扱えばいいの?

 

今やFXは仮想通貨市場でも大きな盛り上がりを見せています。
FXではレバレッジを効かせた取引が基本となります。

ただ、仮想通貨が有名になってきたこともあり、現状投資の初心者が多く参入しているかと思います。
つまり、FX取引は仮想通貨市場に参入して初めてやるという方も大勢いるかと思います。

レバレッジは理解しているのとしていないのでは非常にリスク管理に差が出てきます。
ここではレバレッジの意味を説明すると共に、使い方を考えてみましょう。

レバレッジとは

まず初めにレバレッジの意味をご説明していきます。

レバレッジとは簡単に言うとテコのようなもので、小さな資金で大きな取引ができるようになります。
つまり、自分が持っている資金以上の取引が可能になります。

レバレッジ◯倍とありますが、この倍率に自分の資金を掛けたものまでの取引が可能になります。
例えば10万円持っているとしますと、GMOコインであれば最大レバレッジは5倍ですので、50万円まで、QUOINEXであれば最大レバレッジは25倍ですので、250万円までの取引が可能になります。

これだけ見るとメリットしか感じられないかもしれませんが、使い方を誤ると大きな損失を被ります。
適当にレバレッジを掛けて取引をしているのではただのギャンブルになってしまいます。

レバレッジの使い方をしっかりと理解して、リスク管理を心掛けて取引を行いましょう。

レバレッジはハイリスクハイリターン

レバレッジは自分の資金以上の取引ができるので、レバレッジを大きくすればするほど大儲けできる可能性があります。
しかし、その逆もまた然りで損失額も増えてしまうのです。

実際に大儲けを狙って資金100万円で最大レバレッジ25倍掛けたことを想定してビットコインFXで説明していきましょう。

1BTC=100万円で想定しましょう。
100万円の25倍ですので、2,500万円分のビットコイン…つまり25BTCを購入します。

まずは大儲けした時の例です。
1BTC=110万円になったとしましょう。
何円儲かるでしょうか?

100万円×25BTC=2,500万円…買う時のお金
110万円×25BTC=2,750万円…売る時のお金

つまり、250万円の利益となります。
ビットコインの値動きは激しく、10万円程度ならすぐ動くので、こんな簡単に儲かるのならすごいですね。

では逆に大損した時の例を説明しましょう。
1BTC=90万円になったとします。
何円損しますか?

100万円×25BTC=2,500万円…買う時のお金
90万円×25BTC=2,250万円…売る時のお金

250万円の損失になります。
利益の時との逆ですね。

このように簡単に儲かる反面、同じく簡単に損失を出してしまうことがあるのです。
これがハイリスクハイリターンと言われる所以です。

あれ?でも少し待って下さい。
なにか変なところは無いでしょうか?

250万円利益が出る場合はいいのですが、250万円損失を出した時です。
最初の資金はいくらでしたでしょうか?

そう、100万円ですよね。
残りの150万円の損失はどうなるの?と思われるでしょうが、これは基本的には「追加証拠金制度」と言って、100万円が無くなったにも関わらず、更に150万円を支払わなければならないのです。
正に泣きっ面に蜂ですね。

このことについて以下で説明していきます。

追加証拠金制度とは

では追加証拠金制度をご説明していきます。
長いのでよく追証(おいしょう)と呼ばれます。

上記で説明した通り、自分の資金以上の損失が出てしまった場合、その不足している金額を期日までに入金しなければならないルールの事です。
簡単に言うと借金です。

これだけ聞くと恐ろしいルールですが、基本的にはそうならないように「ロスカット」というシステムが守ってくれています。
建玉がある場合に値下がりが起きて、資金がある一定額にまで減ってしまうと、強制的に決済してくれます。
※ロスカットの詳細は後述します

ただし、一瞬で大きく相場が動いた場合、システム処理が遅れてしまいます。
そうなった場合、ロスカットができなくなり、自分の資金以上に損失を被る場合があるのです。

取引所によってはこの追証制度が無しになっているところも存在しています。
つまり、自分の資金以上に損失をどれだけ被ってしまっても借金を背負うことは無いので、もしFXで大きな取引を行いたいのであれば、このが追証無い取引所でFXを行うことを推奨します。

ロスカットとは

ロスカットは証拠金維持率が予め取引業者が定めた数値以下になると、強制的に建玉を決済してくれるシステムです。
この数値は取引業者ごとに異なりますので、しっかりと確認しておきましょう。
例えばGMOコインなら75%、QUOINEXなら110%です。

証拠金維持率を算出する式は以下です。
証拠金維持率 = 時価評価額 / 必要証拠金
時価評価額 = 口座残高 + 評価損益
必要証拠金 = 数量 * 価格 * ((100/レバレッジ倍率) / 100 )

 

例えば、口座残高が115万円、評価損益-4万円,必要証拠金が100万円とすると、 時価評価額は109万円で証拠金維持率は109%になりますので、QUOINEXならここでロスカットされます。

レバレッジの正しい使い方

レバレッジは25倍掛けられるからと言って最大まで掛けて取引を行うことは賢明とは言えません。
レバレッジ取引は何回かに分けて取引を行うのが一番利益を得るチャンスが得られます。

例えば100万円持っていたとします。
ビットコインは1BTC=100万円程と想定します。
普通に1BTCを購入しようとしても100万円必要ですよね。
しかし、レバレッジが25倍であれば4万円あれば1BTC購入することができるのです。

100万円で1BTCを買う場合と4万円で1BTCを買う場合ですが、値動きした場合、損益はどうなるでしょうか?

答えは同じです。
1BTC=90万円になっても、100万円で1BTC買ってた場合と4万円で1BTC買ってた場合でも、持っているのは同じ1BTCなので、損失額は同じなのです。

ではなぜ大きな損失を被ってしまう人が多いのでしょうか?
それは上記で説明した通り、100万円に最大倍率のレバレッジを掛けて一発勝負的な取引をする人が多いからです。

100万円で2,500万円の取引をして値上がりすればそれだけ大きな利益になりますが、値下がりすると元手の100万円なんて一瞬で溶けるのはご理解頂けていると思います。
しかし、4万円で100万円の取引を25回やれば、それだけ利益を得られるチャンスが多くなるのです。

レバレッジ取引では自分の資産の全額に最大レバレッジを掛けるのではなく、何回かに分けて取引を行うことが非常に重要です。

まとめ

レバレッジについては理解頂けたでしょうか?

レバレッジは使いこなせれば利益を上げるにあたって非常に有利になります。
少ない資金で大きな取引ができるということはそれだけでメリットです。

一発勝負ではなく、小さくコツコツと利益を積み上げていきましょう。
初心者の方は大きな金額で取引を行うのではなく、小さな金額でまずはレバレッジと取引の流れ自体を実践で身につけて行きましょう。

皆さんが仮想通貨FXで利益を上げられることを応援しています!

スポンサーリンク