仮想通貨とトークンの違いは?

4月 13, 2018

仮想通貨とトークンの違いは?

トークンとは?

ビットコインやイーサリアム等の仮想通貨は良く耳にしていると思いますが、トークンという言葉はあまり聞かないかもしれませんね。

トークンとは、簡単に言ってしまうと「既存のブロックチェーン上で独自に発行されたコイン」のことです。

ビットコイン等の仮想通貨は独自にブロックチェーンを持っていますが、トークンはビットコイン等のブロックチェーンを使って作られた通貨になります。

事業を立ち上げ、トークンを発行する際にはICOが行われる

トークンは基本的には企業が事業を立ち上げる際に、資金調達手段として発行を行います。
株式のようなイメージにはなりますが、株式が証券会社等の第三者機関を通す必要があるのに対し、トークンはその必要がありません。

また、基本的には発行の枚数に上限はありません。
(COMSA等の固定するトークンも存在はします)

ICOについてはこちら

トークンを保有していると特典があるものもある

仮想通貨は持っていても基本的に何もありませんが、トークンの場合、保有しているとそのトークン独自の特典を受けることができるものがあります。

例えば、そのトークンを保有しているだけで配当が貰えたりだとか、手数料が安くなったりなど、トークンによって様々です。

メリットがないと購入されにくいのも事実ですが、トークンには仮想通貨にはないメリットが沢山ありますよ!

詐欺トークンにご注意を

トークンは誰でも発行することが出来ます。
つまり、最も怖いのが「資金を集めるだけ集めて失踪する」ということです。

さすがに公開済みのトークンで失踪は殆ど無いとは思いますが、ICOに参加する場合、失踪の可能性は十分にあります。
そうならないためにも、ホワイトペーパーをしっかりと読み、理解することが大切です。

トークンを購入できる取引所は?

現在日本でトークンを購入できるところはZaif以外ありません。
トークンに投資したい人はZaifで色々見てみましょう!

Zaif(ザイフ)
特徴はこちら
口座開設方法はこちら

スポンサーリンク