仮想通貨-イーサリアムクラシック(EthereumClassic,ETC)とは?

仮想通貨-イーサリアムクラシック(EthereumClassic,ETC)とは?

イーサリアムクラシックとは?

イーサリアムとイーサリアムクラシックという名前の似ている仮想通貨がありますが、この似ている2つの通貨はどのように違うのでしょうか?
その特徴と違い等を見ていきましょう。

イーサリアムクラシックとは2016年7月20日にイーサリアムがハードフォークによって分裂して誕生した仮想通貨です。
ビットコインキャッシュが2017年なので、それよりも前にイーサリアムはハードフォークを行っていたんですね。

性能についてはイーサリアムとほとんど同じで、イーサリアムの最大の特徴であるスマートコントラクトは当然備えてあります。
※スマートコントラクトはイーサリアムで説明しているので、そちらも併せてご覧下さい。

イーサリアムとイーサリアムクラシックの2つの違いとしては理念が異なる点です。
イーサリアムクラシックは「Code is Low(コードこそが法)」という理念で、非中央集権型の考えを示しています。
これに対してイーサリアムは「Community is Low (コミュニティこそが法)」という理念で、中央集権型の考えを示しています。

要するに、「Code is Low」はイーサリアムクラシックの仕様が絶対というように、コードに則って合意形成を行いますが、「Community is Low」コミュニティ内の多数決によって合意形成を行います。

このことから、イーサリアムクラシックのシステム自体に問題が無い限りは、どれだけ人が仕様を変更しろ!と訴えたところで対応は無いものだと思います。
お堅い公務員のような考え方ですが、元々分裂した経緯を見れば納得するかと思います。

この理念の違いがメリットになるか、デメリットになるかは人の考え方にも寄ってきますので、一概には言えませんね。

イーサリアムがハードフォークを行った経緯 – THE DAO事件

イーサリアムがハードフォークした原因には「THE DAO事件」というものが関係しています。

THE DAO事件とは、ドイツのSlock.itが立ち上げた「The DAO」という分散型投資ファンドの虚弱性を突かれ、約50億円分のイーサリアムが盗まれてしまった事件のことです。

ただし、「The DAO」の虚弱性を突かれたもので、イーサリアムのシステムによる虚弱性が原因となった訳ではないので、注意してください!

そして、この事件によってイーサリアム側はハッキング前の状態に戻そうというハードフォークが採用されました。
ブロックチェーンがハードフォークによって切り離された結果、盗まれたイーサリアムは盗まれた事自体が無かったことになり使用不可となりました。

ここで、重要なのが、「問題があったのはイーサリアムではなく、The DAOであったこと」です。
それにも関わらず、ハードフォークが実施されてしまいましたが、非中央集権のイーサリアムがイーサリアム自体の問題以外で対策を実施するということはおかしいという反発がありました。
そういった反発派の考えによって、ハードフォーク以前のブロックチェーンを利用して誕生したものがイーサリアムクラシックなのです。

イーサリアムクラシックのメリット

1. 非中央集権型の理念

上記で説明した通り、イーサリアムクラシックは非中央集権の理念を持っています。
これは余程のことが無ければ簡単にシステムの変更は行われないことを示します。

利用者からすると一定のシステムであることは安全性があると見ることができ、メリットになり得るかと思います。

ただし、柔軟性は失われてしまっているので、これがメリットになるか、デメリットになるかは今後の動向に注目です。

イーサリアムクラシックのデメリット

1. イーサリアムとの優位性がほぼ無い

誕生の経緯から分かるかと思いますが、イーサリアムとイーサリアムクラシックを比べた時に、これと言った優位性が見当たりません。

イーサリアムとイーサリアムクラシックをどちらを買うか?となった際にやはりイーサリアムの方を買う人はまだまだ多いと思います。
何かしら優位性を見せていかないと大きく価格上昇することは難しいのではないかと思われます。

2. 開発力が不利

イーサリアムからイーサリアムクラシックにハードフォークした際に、当然ながらコミュニティはイーサリアム側に多く流れました。

結果として、イーサリアムクラシックは少数派となってしまい、技術力はイーサリアムに比べてかなり不足しています。

今後どのように解消していくかが鍵になります。

 

イーサリアムクラシックを購入するには

イーサリアムと比べ、扱っている取引所は少ないです。

bitFlyer(ビットフライヤー)
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

スポンサーリンク