ついのと

ついのと

色々なことを書いていきます。

MENU

退職は損切りと考えろ!退職は後ろ向きな考えではない!

f:id:Ksho12:20171128234553j:plain


みなさんこんにちわ。
あと少しで退職予定のついんです。

今回は退職について書いていきます。

日本では退職といえば他人から見ると裏切り者だとか、逃げだとか、そういう捉え方をする人が多いと思います。

でも僕は退職は悪いことでは無いと思っていますし、むしろ辞めたい人にはプラスだと思っています。

少しでも退職を考えているにも関わらず、なかなか辞める決断ができない人に少しでも役立てたらと思います。

退職決断

退職は逃げではなく損切り

普通に生活していれば「損切り」という言葉はあまり耳にしないと思いますが、投資の世界ではよく使う言葉です。

つまり、損失は発生しているが、その損失を最小限に留められるようにその時点で損失を決済することを言います。

これを退職に当てはめると、退職を少しでも考えるようになれば早めに退職することが損切りになります。

最早魅力も何も感じず、全く行きたくもない会社で辛い思いをしてまでダラダラと無駄に時間を過ごしているのであれば、それ以上の成長は見込めないどころか、心身ともに苦痛でどんどんパフォーマンスは低下していきます。

そうならない為にも、辞めたいと思った会社はさっさと見切りをつけて別の仕事に就くべきです。

日本の会社というのはよっぽどのことがなければこちらが申し立てたところで改善はしませんし、逆にやる気が無いやつだと思われて状況が悪化しかねません。

退職はかっこ悪いとか、逃げだとか思わずに、自分の人生への損失を最小限に減らすものだと考えて、損切りの精神で退職を決断しましょう。

退職できる人ほど優秀だと思う

僕は退職ができる人の方が優秀な人だと思っています。
別に自分がそうだと言っている訳ではありませんが、一般的に見るとそうなんじゃないかなと思います。

そもそも別の会社でもやっていける自身があるんですから辞められる訳です。
何も能力が無いと行き場を無くしたくないから今の会社にしがみつくように留まります。

更に言うと大半の人は変化を嫌い、また退職には転職活動や退職の面談など、面倒なことが沢山有るのでやりたがりません。

退職をスパッとできる人は行動力、決断力があるということですし、僕は優秀な人だと思っています。

ただ、一つの会社で優秀な成績を残せているのであれば、それはそれで優秀です。

今の会社でやるならしっかりと成績を残す。嫌ならさっさと辞める。これが一番だと思います。

自分のやりたい仕事を考えましょう

現在では就職は売り手市場になっています。
しかし、少し前までは買い手市場でした。

恐らく現在でも大学3回生の冬になると一斉に就活が始まりますが、この時点では売り手市場であっても、みんなはとりあえず就職することが目的になっていると思います。

つまり、周りが就活をして内定を貰っていくので、自分も何かしらの職に就かなければいけないという一種の暗示に掛かります。

そうなると、自分のやりたい仕事よりも、まず就職することを第一とします。

そしていざ働きだしてみると、「何か違う…」といったミスマッチが生まれてしまうのです。

ただ、これは正直仕方ないと思います。
日本の社会がそうなってしまっていますし、自分が本当にやりたい仕事を探している余裕が無くなってしまうんですよね。

なので、とりあえず働いてみて、徐々にやりたいことを探していけばいいんです。
今の仕事が合っているんであればそのまま精神的に余裕を持って続けられるはずです。

今の仕事が合わずに、毎日仕事に行きたくない、仕事したくないと感じているようであれば、それは自分に全く合っていないということです。

大学生の就活の時のように焦る必要はないので、一旦冷静に考えて、自分がどういう仕事なら好きでやれるかを考えてみるべきです。

本当にやりたい仕事が分かれば、即辞めるべきです。
その方が自分の人生にとってはプラスに働くはずです。

少し前の記事でも書きましたが、自分の好きな仕事について考える際に少しでも役に立てられるよう、僕の読んでいたTEDの動画を置いておきます。

 

退職後の不安はなるべく無いようにしましょう

退職はすぐに決断すべきと書きましたが、退職後には必ず金銭面でのデメリットが生まれます。

恐らく仕事を辞めたことによる不安は、職が無いことと収入が無いことになりますが、結局は金銭面に繋がってくるはずです。
貯金が全く無い状況で辞めてしまえば、職がすぐに見つからなければお金が無くなる不安で押し潰されそうになるでしょう。

そうならない為にも、貯金を作っておくか、辞める時点で就職先を決めてしまっておくことです。

この2つのどちらか一方でも達成できていれば、退職することに殆ど抵抗は無くなるはずです。

死ぬくらいなら絶対に退職を選びましょう

会社に電車で通っていると、駅で電車が止まることがありますよね。
つまりそういうことです。

電通の長時間労働による自殺が大々的に取り上げられましたが、仕事による自殺なんて日々行われていることです。

直接的に手は加えていないものの、仕事の圧力で自殺するわけですから、無理な仕事を押し付けていた人はみんな殺人者、共犯者なのです。

個人が個人を殺せば捕まりますが、会社が個人を殺しても何も罪に問われません。
それどころか精神の弱かった個人のせいにだってされてしまうこともあります。

こんなことがまかり通っていること自体が不思議ですが、これが社会なので、これに適応していかなければなりません。

つまり、社会に殺される前に会社を辞めるべきです。

本来仕事は生活をしていくお金を稼ぐ為に行っているはずです。
なのに死んでしまっては元も子もありません。

自分が辞めたら会社が…と貴方は会社のことを思っているかもしれませんが、会社は貴方のことは何も思っておらず、助けてもくれません。

死ぬ勇気があるのであれば、辞める勇気もあるはずです。
その勇気を死ぬという悪い方向ではなく、辞めるという良い方向へ持っていきましょう。

死んでしまってはチャンスはゼロですが、辞めるだけならチャンスは無限にあるはずですよ。

最後に

少し長くなってしまいましたが、なかなか辞められれない人に、少しでも後押しになればと思います。

正直一番言いたいのは退職は悪いことじゃないんだよっていうことですね。

日本では転職が悪いとする人が多すぎます。
現在では少しマシになってきているとは思いますが、それでもやっぱり転職はマイナスのイメージの人が多いですよね。

もっと気楽に転職できる社会になればいいのになって思います。

辞めたいと思っている人が少しでも決断できるよう、応援しています!

僕は一足先に会社辞めますね!