ついのと

ついのと

色々なことを書いていきます。

MENU

【投資】長期投資での複利のすごさ

f:id:Ksho12:20170828112411j:plain

皆さんこんにちわ。

長期投資にはその他の期間の投資には無いメリットがあります。
それは時間を味方に付けることができることです。

資産が時間によって積み上げられていけるのは何と言っても長期投資のメリットになります。

今回は長期投資の複利についてみていきます。

長期投資の複利

長期投資は時間を味方に付けられる

冒頭でお話したとおり、長期投資は時間を味方に付けることができます。

これはどういうことかというと、投資は基本的に複利になります。
この複利が非常に重要で、時間が経てば経つほど資産を雪だるま式に増やしていくことが可能なのです。

単利と複利

まず、利息には単利と複利の2種類があります。
それぞれの違いを簡単にご説明します。

元本は100万円、利息は年利10%を例としてご説明します。

●単利
単利の利息は元本にだけ付きます。
例えば、100万円銀行に預けた場合以下のように増えていきます。

  • 1年目:110万円
  • 2年目:120万円
  • 3年目:130万円

このように、元本である100万円に対して毎年利息が付きます。
利息で毎年増える10万円には利息は付きません。

●複利
複利の利息は元本で得た利益を上乗せして、利息が付きます。
例えば、100万円銀行に預けた場合以下のように増えていきます。

  • 1年目:110万円
  • 2年目:121万円
  • 3年目:133万円

このように、元本に利息が上乗せされた分から利息が付くようになっています。

実際に複利ではどのくらい増えるのか

上記の例では、複利の凄さは分かりませんよね。

実際に計算して複利でどの程度資産を増やせるのかを見ていきます。

ここでも年利は10%として、投資額100万円、新卒採用から定年までの約40年を投資期間とします。

すると、以下の様な結果になります。

f:id:Ksho12:20170828090801p:plain

100万円投資したお金は40年間で約4,500万円にも膨れ上がります。
最初に100万円だけ投資して、その後は利益の再投資だけでここまで膨れ上がるのです。

実際には税金が20%程度毎年掛かりますので、全てが手元には残る訳ではありませんが、それでもすごい額にはなります。

※途中経過は省略しましたので、実際にどんな感じで増えるのか見てみたい方は、以下のサイトで計算してみて下さい。

積立計算(複利毎課税) - 高精度計算サイト

最後に

複利はかの有名なアインシュタインが「人類最大の発明」だと述べています。

複利は時間を掛ければ掛けるほど、大きく膨れ上がっていきます。
ということは、投資を始めるなら若ければ若いほど良いのです。

僕は社会人になってから投資を始めましたが、遅くとも大学生のうちには投資をしておくべきだったと後悔しています。

正直言うと、普通のサラリーマン生活だけで富を築けた人というのは、歴史の中でもほとんど居ないと思います。

更に言うと、今の時代給料が多くない人も沢山いると思います。
(僕もその一人です)

こんな時代だからこそ、投資は絶対にやっておくべきだと僕は思います。
少しの金額でも投資をしておけば、将来の資産にすごく差が出ていると思いますよ。