ついのと

ついのと

FXブログに変更しました!

MENU

年収300万円代でも年200万円の貯金を可能にする貯金術

f:id:Ksho12:20170701121705j:plain

皆さんこんにちわ。
今回は貯金をする方法について書いていきます。

年収300万円代でも年200万円を貯金する方法です。

前置き

僕の年収について

僕の年収はざっくり計算で320万です。
そこから税金やら何やら引かれると最終的に残るお金は200万円代になります。

まぁまだ社会人2年終わったところですからね。
一般的な人と同じくらいの年収だと思います。

前提条件

年収は300万円代で、僕は一人暮らししてます。
ですが、家賃は会社から出してもらっています。

ここに家賃が入ると正直年200万円の貯金は厳しいと思います。
ですが、家賃を引いても100万円は余裕だと思います。

実家勢なら更に余裕です。
ただ、親の目もあると思うので、そこのバランスが難しいですが。

なので、年収300万円代でも年200万円貯金する為の前提条件は、家賃が含まれていないことになります。

貯金の方法

では、実際に貯金する為の方法を書いていきたいと思います。

目標を設定する

まず、年間の貯金をいくらしたいのかを設定します。
ここでは年200万円としているので、これを目標とします。

すると、月にいくら貯金が必要なのかが計算できます
200万を12ヶ月で割ると、1ヶ月約16万6千円になります。

ただし、実際にはボーナス等が出る場合があるので、それを加味した上での設定を行いましょう。

例:ボーナスが年80万出る場合、月10万の貯金が必要になります。

固定費を計算する

次に固定費を計算します。

固定費とは毎月ほぼ決まった額が出て行く費用になります。
例えば、通信費や水道光熱費がそれに当たります。

そして月の給料から固定費を引きます

変動費を計算する

次に変動費を計算します。

変動費とは毎月出ていく費用が異るものです。
例えば、食費や娯楽費がそれに当たります。

目標との乖離を確認する

固定費と変動費が計算できたら、給料からそれぞれを引きます。

そして、残るお金が目標の金額より上回っているか、下回っているかを確認します。
もし、下回っている場合、見直すべきは変動費です。

給料はすぐには上がらない、固定費は変えられない。
ならば変えるなら自分でコントロールできる変動費しかありませんよね。

変動費で一番高い部分はどれか?
恐らくお金が無いって嘆いている人の大半は、変動費で大きな割合を占めているのが食費と娯楽費です。

まずは、食生活と遊び方を見直すことをおすすめします。

1日に使える食費を計算する

更に掘り下げて、1日に使える食費を計算します。

例えば、目標金額が10万円で月収20万円だとして、固定費が5万円程度掛かるのであれば、その月に使える残りのお金は5万円になります。

ここから食費を3万円とすると、1日に使える食費は1,000円となります。
そうすると月に娯楽で使えるお金は2万円になります。

変動費は他にもあると思いますが、一番削りやすいのが、食費です。
自分は変動費で何が必要でどれを削れるのかを把握するのが大切です。

費用を少なくする

食費の抑え方は、こちらの記事で紹介していますので、一度ご覧に頂ければと思います。

娯楽費については、遊び方が派手な人はなかなか見直すのが難しいかもしれませんが、まずは無駄な部分を省いていくことから始めましょう。

例えばパチンコや競馬などのギャンブルです。
勝っている人なら別ですが、大抵は勝っているように見えてもトータルではマイナスです。

後は、女遊びをやめるだとか、削る部分は結構あると思うので、そのへんから見直していきましょう。

半月に一回目標達成できそうかを確認する

年間に目標金額を達成することは大切ですが、半月に一回目標への進捗状況を確認することが非常に大切になります。

僕は1月~12月を1年間で設定していますので、半月と言えば6月になります。
ここで目標の半分が貯まっていなければ、後半に追い込みを掛けなければなりません。

要するに前半遊びすぎたツケを後半で払うことになります。

ここで目標金額達成までの再設定を行うことになります。

年間で目標金額を達成できたかを確認する

最後に目標が達成できたかを確認します。

できてればいいですが、できていない人は何が原因で目標達成できなかったかを確認する必要があります。

別に落ち込む必要はありません。
その原因さえ取り払えば翌年は達成できますし、何より前年よりはお金は貯まっているはずです。

目標はあくまで目標であって必ず達成しなければならないものではありません

とりあえず、お金を貯められた人は頑張った自分を褒めてあげましょう。

家計簿は必要か?

節約と言えば家計簿と言っても過言ではないと思います。
では、節約をするなら家計簿は必要なのか?ということになります。

僕の答えとしては、「家計簿が無くてもお金の管理ができるのであれば必要ない」です。
僕は家計簿はつけていません。

正直僕はもう金銭感覚が身についているので、「今月はお金をこれだけ使ったから今銀行にはお金がこれくらいあるな」というのが大体で分かります。

もちろん、「あれ?こんなに使ってたっけ?」っていうこともありますが、大体は把握できています。

いくらお金を使って、今お金が銀行にどれくらいあるのかがわからない人は、家計簿は付けるべきです。

例えば、最近ZOZO Townでツケ払いができるサービスで支払い月になったらツケが払えない人がいるということがニュースになりましたが、そういう人はその時点で使ったお金を計上していません。

僕は絶対にしませんが、今銀行にお金が2万しかないけど、5万円の商品がツケで買えるから買っちゃえ!となると、銀行のお金は2万円のままなので、減っていない気になるのです。

そうなると、お金はまだ2万円あるな、となり借金が5万円あることも忘れ、使い続けてしまいます。

そういう人は絶対に家計簿は付けるべきです。

最後に

ご一読頂きありがとうございました。

節約が身についていない人はかなり厳しい内容だと思います。
しかし、楽してお金を貯めようなんてことはまず難しいです。

親が金持ちだとかの人は除いて、お金を持っている人は最初から持っていたのではありません。
何かをしてきたからお金を持っているのです。

それは子供の頃から努力して大企業に入った人だとか、コツコツ毎日地道に長い年月を貯金した人だとかです。

物事はミクロ的に見ることも大切ですが、マクロ的に見ることも大切です。
塵も積もれば山となる。1日1日は小さい金額ですが、それが積み重なって大金となるのです。

地道な苦労を重ねて、お金持ちになる努力を僕と一緒に続けましょう!