ついのと

ついのと

主に趣味、ゲーム、漫画など色々なことを書いていきます

MENU

幻のプレミアムフライデー

f:id:Ksho12:20170525202135p:plain

本日5月26日は導入4回目のプレミアムフライデーです。

いや、プレミアムフライデーだったみたいです。

プレミアムフライデー

プレミアムフライデーとは

日本国政府および経済団体連合会を中心とした、経済界が提唱・推進する、毎月末金曜日(フライデー)に、普段よりもプレミアムな生活を推奨する個人消費喚起キャンペーン。午後3時(15時)に仕事を終えることを奨励する働き方改革とも連携し、給与支給日直後に該当しやすい月末金曜日には、夕方を買い物や旅行などに充てることを推奨している。2017年平成29年)2月24日より実施された。

 -wikipediaより

毎月月末の金曜日は15時に帰って買い物や旅行を楽しんでねっていう取り組みです。
プラミアムフライデーならではのオトクなサービスが行われているお店が多いので
この日に買い物をするのもオススメですね。

プレミアムフライデーに賛同している企業

プレミアムフライデーに賛同している企業は以下になります。

premium-friday.com

現在の申請数は7,133とのこと。思ったより多くてビックリしますね。
ただ、これはサービス業が多くなると思いますので
15時に帰れる企業という訳ではありません。

プレミアムフライデーを導入している企業

ここで言う「導入している企業」とは、15時に帰れる企業のことです。
そんな羨ましい、素晴らしい企業はこちら。

※2月28日以前の情報なので、増えている可能性が大です。

西日本鉄道
富士フイルムホールディングス
ユニ・チャーム
清水建設
三菱自動車
住友商事
ヒューリック
森永製菓
大和ハウス
ソフトバンク
エヌ・デーソフトウェア
日産自動車
コマツ

-ZUU Onlineより

やっぱり大企業ばっかりですね。
僕も雇って下さいお願いします(切実)

ちなみにソフトバンクは早く帰れる他に1万円も貰えるらしいです。
本当に羨ましすぎますね。

プレミアムフライデーでの過ごし方

経済活性化の為に導入されたプレミアムフライデーですが
一番多い過ごし方はなんと"何もしなかった"です!

まぁ確かに15時に帰れたとして、会社から家まで帰ったら16時くらいでしょうし
色々準備とかしてたら17時超えますもんね。

早く帰れた!どこか行こう!って感じにはなりませんよね。

僕の会社はプレミアムフライデーは未導入

まぁ本日も当然の如く15時帰りなんてできませんでした。
2月に導入されてからプレミアムフライデーのプの言葉も誰からも発せられません。

大企業じゃないとほんと導入されている企業なんてありませんよね。
僕の周りの人も早く帰っている人なんて見たことがありません。

もはや存在自体が疑われます。

月末なんて忙しい会社が多いですから、当然早く帰れませんよね。
それどころか残業している企業も多いんじゃないでしょうか。

サービス業は当然の如く帰れませんし、いつもより忙しい。
あんまり得している人はいないような感じですね。

プレミアムフライデーは必要か?

プレミアムフライデーは必要かどうか聞かれたら、必要無いって答えますね。

テレビでは賑わっていますが、会社でなんて当然話題にすら挙がりませんし
ただ早く帰れる人を羨むフライデーになっています。

早く帰れている人なんてごく一部でしょうし、サービス業も大変です。
更に早く帰ってやることが"何もしない"が一番多いんですから、色々と破綻しています。

本来の目的が全く達成できていないんですから、必要無いですよね。

プレミアムフライデーを導入させるには

プレミアムフライデーの導入の仕方が適当すぎるんですよ。

月末の金曜日の15時以降の仕事は残業としてみなすとか法的処置を与えるとかしないと企業はまず動きません。

だって経営者は労働者に仕事やらずに帰られたら迷惑だから。
帰らせなくても何も無いんなら当然導入なんてしませんよね。

導入するならするでもっと力を入れて導入するべきだと思います。

”喚起”じゃなく”強制” これじゃないと絶対浸透しません。

まとめ

全然プレミアム感が感じられないプレミアムフライデーですが
今後徐々に導入する企業が増えていくのか見ものですね。

もっと政府が動かないとまず導入企業は増えないと思いますが、今後に期待して早く帰れるようになることを望みましょう!