ついのと

ついのと

色々なことを書いていきます。

MENU

【パソコン】ゲームする時のNVIDIAコントロールパネル設定

f:id:Ksho12:20170514115101j:plain

僕はGPUはGeForceを使用しています。
これにはNVIDIAコントロールパネルというもので、3Dゲームの設定ができるようになっています。

そこで、今の設定についてちょっと見直してみました。
ちなみに、FPSを出す設定を優先にしています。

 

コントロールパネルの設定

まずNVIDIAのコントロールパネルを開きます。
するとこのような画面が出るので、3D設定→3D設定の管理へと進みます。

順に設定について見ていきます。

内容【設定】という感じで見て下さい。

CUDA-GPU【全て】

モデリングに関する設定。

DSR-係数【off】

ディスプレイの解像度の何倍でレンダリングを行うかの設定。

DSR-滑らかさ【オフ】

画質の描写の滑らかさに関係する。

アンチエイリアシング-FXAA【オフ】

アンチエイリアシングとはドットのピクセルのギザギザを取るもの。
FXAAはピクセルの色を周囲の色と輝度差がある際と色を混ぜ合わせるもの。

アンチエイリアシング-ガンマ修正【オフ】

3D画質と色味に関係します。

アンチエイリアシング-トランスペアレンシー【オフ】

アンチエイリアシングをどのような方法で行うか。
倍率が高い方が負荷は大きくなります。

アンチエイリアシング-モード【アプリケーションによるコントロール】

アンチエイリアシングの動作についての設定。
ゲーム内にアンチエイリアシングがあるとそちらが優先されます。

アンチエイリアシング-設定【アプリケーションによるコントロール】

アンチエイリアシングの強さの設定。

アンビエントオクルージョン【オフ】

光や影をリアルにする設定。

シェーダーキャッシュ【オン】

ゲームのデータ等をHDD内に保存し、CPUの負荷を下げるもの。
オンにしても特に負荷は変わらない。

スレッドした最適化【オン】

CPUのマルチスレッド等が使用できるCPUにてマルチスレッド処理させるかどうか。

テクスチャフィルタリング-クオリティ【ハイパフォーマンス】

画質に関する設定。

テクスチャフィルタリング-トリリニア最適化【オン】

オンにすることでテクスチャの負荷を抑えることができる。

テクスチャフィルタリング-ネガティブLODバイアス【許可】

テクスチャのちらつきを抑える設定。

テクスチャフィルタリング-異方性サンプル最適化【オフ】

ゲームでの異方性サンプル数を少なくするかしないか。
安定した画質にするためにはオフにする必要があります。

トリプルバッファリング【オフ】

描写の遅れに関する設定。
一見オンにした方が良さそうだが、余計な不可も掛かるので、オフで。

バーチャル・リアリティレンダリング前フレーム数【1】

VRを使用する場合の設定。

マルチディスプレイ/ミックスGPUアクセラレーション【シングルディスプレイパフォーマンスモード】

ディスプレイに関する設定。
モニターが1つならシングルディスプレイ
モニターが2つ以上あるならマルチディスプレイでいいと思います。

マルチフレームサンプリングAA(MFAA)【オン】

負荷をあんまりかけずにアンチエイリアシングをかけられるらしい。
DSRは軽いゲーム向け、MFAAは重いゲーム向け。
重いゲームをやるならMFAAを使用すると画質を維持しながらも性能を向上させることができる。

レンダリング前最大フレーム数【2】

フレームの遅延に関する設定。
数値が低いほど遅延なくゲームをプレイできるが、CPUに負荷が掛かる。
FPSなどをする際には1のほうがいいと思う。

垂直同期【オフ】

垂直同期をオンにするとGPUの負荷が減りますが、遅延が発生します。
アクションやFPSのゲームはオンにしない方がいいと思います。

異方性フィルタリング【アプリケーションによるコントロール】

遠距離等がよりはっきり見えるようになるらしい。
あんまり変わらないと思いますし、倍率上げると負荷が上がりますので変更はしなくていいと思います。

電源管理モード【パフォーマンス最大化を優先】

ゲームでの省電に関する設定。
パフォーマンス最大化すると負荷が小さくても最大の能力で発揮されます。
反面、電気代等を気にする人、そこまで重くないゲームをする人は適応の方がいいと思います。

 

こんな感じかな。
あくまで参考までにどうぞ!